■2021年7月 真実、光、救いへの神の摂理(第四章)


真実、光、救いへの神の摂理
ИСТИНА, СВЕТ, ПРОМЫСЕЛ БОЖИЙ О СПАСЕНИИ

「復活後のハリストスの顕現」、セルゲイ・カルプィチェフ、1910年
「復活後のハリストスの顕現」、セルゲイ・カルプィチェフ、1910年
<Явление Христа после Воскресения>, Сергей Карпычев, 1910 г.

 

***
主が私たちに
与えるものことごとく
私たちを救いに
導いていく!

Всё то,
Что нам Господь даёт -
Нас ко спасению
Ведет!

***
救いという何たる機会が
与えられていることか!
しかし皆が
その機会を掴(つか)んでいるのか?

Какая возможность спастись
Нам дана!
Но -
Всеми используется ли она?..

***
私たちへの善意から
神は全てを賜う!
私たちは自(みずか)ら
悪を生み出してしまう!

Бог всё дает
Во благо нам!
Зло порождает каждый -
Сам…

***
時に人は全てを
人生で見出す
そして、嗚呼(ああ)、その要(かなめ)を
見逃す…

Бывает, люди в жизни
Всё находят,
И - мимо Главного, увы,
Проходят…

***
神は私たちを救いへと呼んでいる!
が、私たちは
罪の暗闇から
光に向かっているのか?

Бог нас зовет к спасению!
А мы -
Идем ли к Свету
Из греховной тьмы?..

***
要(かなめ)を聞いたが、すぐに
忘れてしまった…
覚えていれば
別人になったはずのに!

Услышал Главное,
И тут же позабыл…
А ведь запомни -
И другим бы был!

***
信仰なき真実は
歪んでいる…
その真実は
真実から遠く離れている!

Без веры Истина
Искажена…
Так - что вдали от Истины
Она!

***
今まさに
私たちに何を与えるべきか
神が幸いに
私たちよりも知っている!

Бог, к счастью, знает
Лучше нас -
Что дать нам
Именно сейчас!

***
比類なき
ひととき
心で
真実を悟った時!

Неповторим для человека
Миг,
Когда он сердцем
Истину постиг!

***
光線たちが贈るのは

皆に!
例外はない!

Лучинки дарят людям
Свет -
Всем!
Исключений в этом - нет!

***
神がいないかのように
生きることは、
晴れた日に
光が見えないようなものだ!

Жить так,
Как будто Бога нет -
Средь бела дня
Не видеть свет!

***
神なき人々が
光を探すそこに
そのわずかな痕跡すら
いささかもないのに!

Без Бога люди
Ищут Свет -
Там, где его
В помине нет!

***
神なくして
芥子粒(けしつぶ)さえ
滅び行く
定め!

Без Божьей помощи
Обречено
На гибель -
Даже малое зерно!

***
知性が
啓かれないでいる
そのとき暗闇で
さまよっている!

Если ум
Не просветлен,
То во тьме
Блуждает он!

***
心に神が
いない限り
暗闇が
光のふり!

Если в сердце Бога
Нет -
Выдается тьма -
За Свет!

***
聖福音の
贈り物
救いへの
教導!

Евангелие нам
Дает
То, что к спасению
Ведет!

***
聖福音を
読めば読むほど
それだけ新しいことを
発見する!

Евангелие,
Сколько раз читаешь, -
Столько в нем нового
И открываешь!

***
聖福音の
威力のほど
どの一言も
無敵なほど

Евангельская сила
Такова,
Что в нем непобедимы -
Все слова!

***
源の
泉なくば
河川に
なるのか?

Разве может быть
Река
Без истока-
Родника?

***
光線たちは新しくとも、
古きを語る…
多くの人に忘れられたものを
照らしながら光る!

Лучинки, хоть и новые,
О старом говорят…
И, освещая многими забытое, -
Горят!

***
人生は全き虚無(きょむ)
と悲嘆する者
主ハリストスなく
生活する者!

Скорбит, что жизнь -
Сплошная пустота,
Тот, кто живет -
Без Господа Христа!

***
どうやって
蜂蜜を味わうことなく
言葉だけで
その味がわかるのか?

Как -
Не попробовавший мёд,
Со слов лишь -
Вкус его поймет?..

***
私たちに役に立つこと
立たないこと
ただ独り神のみ
ご存知であること!

То, что полезно нам,
Иль неполезно -
Лишь только Богу Одному
Известно!

***
地上の慮(おもんぱか)りも
必要
しかし、神から気を
そらすべからず!

Земные попечения
Нужны…
Но отвлекать от Бога -
Не должны!

***
神なしで何ができるのか?
何も!
しかし、皆がしばしば求めているのか
神の助けを?

Что можем мы без Бога?
Ничего!
Но часто ль просят все
О помощи Его?..

***
霊(たましい)と神!
もし神の助けがないとしたら、
私がやり遂げることが出来たことは
一体あるのだろうか?!

Душа и Бог!
О, разве бы я смог,
Хоть что-то сделать,
Если бы не Бог?!

***
霊(たましい)と神!
もし神なくば、
一体誰かが
永遠の救いを獲るのか?!

Душа и Бог!
О, разве кто-то смог
Спастись навечно,
Если бы не Бог?!

***
地上のことを神に願いながら
あいも変わらず付けくわえよう
「主よ、我らが欲するがごとくならず
なんじの旨のごとくならん」と

Прося у Бога о земном, -
Да неизменно добавляем:
<Пусть будет воля, Господи, Твоя! А - не как мы желаем…>

 

修道士ワルナワ・サニン
修道士ワルナワ・サニン 『新しい光線たちの詩集より』
修道士ワルナワの作品・翻訳は、どなたでもご自由に引用できます。
ただし、引用の際には、必ず著者の名前をご記載下さい。

Монах Варнава Санин, из сборника <Новые лучинки>.
Цитировать произведения или перевод работ монаха Варнавы Санина может каждый при указании имени автора.

■2021年7月 人間の体シリーズ 腹(おなか)

イスラエルの家はその物の名をマナと呼んだ。
それはコエンドロの実のようで白く、その味は
蜜を入れたせんべいのようであった。

イスラエルの人びとは人の住む地に着くまで、
四十年の間マナを食べた。すなわち、かれらは
カナンの地の境(さかい)に至るまでマナを食べた。
(旧約聖書「出エジプト記」16章参照)

 正教会(オーソドックス・チャーチ)は、脳の教会ではなく、胸、心臓の教会だというお話をしました。そこからいくと、正教会は、脳の教会ではなく、腹、おなかの教会、信仰です。
 正教会には、水曜・金曜の斎(ものいみ)、聖体礼儀の前の晩の斎、祭日の前の期間を定めた斎など、いくつもの斎があります。
 直近では、7月12日聖使徒ペトル・パウェル祭をめざす「聖使徒の斎」があります。
 どうしてこういう斎があるのでしょうか?
 食べる 食べない、飲む 飲まない 節制・禁食などに、こだわる斎を目の前にすると、大多数の人は、まずどう取り組もうか 頭で方策を考えてから、斎に入ることでしょう。
 では頭で、脳で考えて、斎に取り組むという行動は、はたして正しいのでしょうか。
 こういう説話が伝わっています。
 ある若者が、砂漠で隠遁生活を行っている修道士に憧れて、自分もその生活に入りたいと願いました。
 すると白髪の修道士は、黙って、カップにいっぱいの水を入れ、次にカップの中身を捨てて見せました。
 これは水の尊さ・貴重さを説明したのではありません。
 あなたの中身をからっぽにして、神のおられるべき場所をつくってから、おいでなさいと諭したのです。
 おなかもそうです。
 斎をすると、喉は渇く、腹は減る、妄想がわく、どうでもいい考え事がわんさか浮かんできます。
 ここで必要になるのが「祈り」ではないでしょうか。
 祈りの第一段階とは何でしょう、それは、すべてのこの世的な考えを捨て去り、空っぽにする、神のみを自分に容れる、ということではありませんか。
 哲学する、考える と、正教会の「祈り」は相反することがあります。
 それゆえ正教会で神学者と言われる聖人は、神の心に耳を澄ませた神学者聖イオアン(ヨハネ)のように祈りの人です。考えだけを最優先する学者ではありません。(イコン画像:弟子に口述筆記する神学者聖イオアン)
 修道士は正しい斎の在り方を、「血を流さない致命(ちめい、殉教)」と呼ぶそうです。
 領聖「聖体拝領」のとき、聖なる体であるパンを食べ、聖なる血である赤ぶどう酒を飲んだとき、どういう感動・感慨を持つべきなのでしょうか。
「ああ美味しい」
「生きていて良かった」
 ひらたくいうと、
「いま わたしは救われた、うまい」
 こう感動して、よいのではないでしょうか。
 素直に、神の賜る食べ物、日用の糧を、おなかで味わうのです。
 斎とは空腹の実感です。
 精神的、肉体的 喪失感、空虚、飢餓、まるで腕や、足がもがれてしまい、からだの一部が無くなってしまったかのような失望感。
 これらを補い満たすものは何か。
 神です。
 救いといやしの源泉は何か。
 聖体拝領、領聖です。
 聖なるものを 食べ 飲むことが、救いといやしの根源となります。
 斎の体験とは、ある意味、考えることをやめ、祈ることに集中するために行われます。
 脳で理屈っぽく考えず、からだの中心、心臓で、おなかで祈る。
 正教会では、
「からだの中心を意識し、おなかで祈りなさい」
 と教えます。
 神との一体は、脳の一部の錯覚ではなく、心臓・おなか、すなわち体全部、からだ全体の一致・体合です。
 からだの中心、心臓、おなかで祈りはじめる時、信仰者は、神の時、神の国の到来、救いを、生きる喜びを確かに全身に感じることでしょう。

(長司祭 パウェル 及川 信)

■2021年6月 愛、善、祝福、幸せ(第三章)

愛、善、祝福、幸せ
ЛЮБОВЬ, ДОБРО, БЛАГОСЛОВЕНИЕ, СЧАСТЬЕ

釘打たれたイイスス・ハリストス、ワスネツォフ1896年
釘打たれたイイスス・ハリストス、ワスネツォフ1896年

 

***
非英雄
自分を全力で守る者は…
他人のために生命を捧げる者が
英雄!

Не тот герой,
Кто за себя - горой…
А кто жизнь за других отдаст -
Герой!

***
神(かみ)なく善ができると
思う者
善行の宝箱に
半分も貯められない者!

Кто думает:
Добро без Бога делать сможет,
В копилку дел благих -
Полдела не положит!

***
善行の
のろま
ひたすら大勢から
善行の機会を奪った

Медлительность
На добрые дела
Многим их сделать -
Просто не дала!

***
助けを呼ぶ声へ
「いいえ」
の答え
愛は知らない!

Любовь не знает слова
<Нет> -
На зов о помощи
В ответ!

***
与えたまえ、神よ
私たちが地上の道で
天の愛を
見つけることを!

Дай, Бог,
Нам на земном пути
Любовь Небесную
Найти!

***
天の愛なくして
人々は神へ
向かう道を
見つけられない!

Без Любви Небесной -
К Богу
Людям не найти
Дорогу!

***
天の愛
なき
人生
無益!

Без Любви
Небесной
Жизнь будет -
Бесполезной!

***
彼が神を愛していることが
わかるのは
神の言(ことば)すべてを
実現していることから

Тот любит Бога,
Видно из того,
Что выполняет
ВСЕ слова Его!

***
ただ神と共にある
人に
福が来る
永遠(とわ)に!

Только с Богом
Человек
Счастье обретет -
Навек!

***
真の幸せ者
神にとこしえ
救われる者
だけ!

Счастлив действительно
Лишь тот -
Кого навечно
Бог спасет!

***
地上の幸せは
はかない…
永遠の幸せを達成した者は
さいわい!

Земное счастье -
Лишь на миг…
Блажен -
Кто вечного достиг!

***
なんとしばしば人々が地上で
幸せを探していることか
炎の最後が灰の中とは
気付かないで!

Как часто люди ищут счастье
На Земле,
Не замечая,
Что конец огня - в золе!..

***
神の祝福なき
行いは
的を外れて飛んだ
矢!

Без Божьего благословенья
Дело -
Стрелою мимо цели
Пролетело!
***
もし祝福を
神からもらわなければ
最後に要(かなめ)を
取り逃がしたのだ

Если у Бога
Не благословился,
То Главного в итоге -
Не добился!

***
神が愛しているのは皆
罪のあるものもないものも…
しかし、私たちは神を
全てにおいて真似なければ

Бог любит всех:
С виной те, или без вины…
А мы ведь Богу подражать -
Во всем должны!

***
神への喜びを
最後まで
心を
燃やせ!

Радость о Боге -
До конца! -
Должна нам согревать
Сердца!

***
永遠の福(さいわい)のために創造されたのは
霊(たましい)
ああ、霊(たましい)がその事を考えないのは
何と痛ましい…

Душа для вечного блаженства
Создана!
Как жаль,
Когда о том не думает она…

***
すべてが神から
善として私たちに与えられている!
これを皆が心に
刻むべきなのに

От Бога -
Всё во благо нам дано!
Об этом всем бы надо помнить -
Но…

***
神よ、
自分自身よりなんじを
強く愛することを
与えたまえ!

Дай, Бог,
Мне возлюбить Тебя -
Сильней,
Чем самого себя!

***
誰も
愛していない者
自分自身を
永遠に滅ぼす者!

Тот, кто никого
Не любит -
Сам себя
Навеки губит!..

***
愛をもって
神へと歩んでいる者
その愛によって
救いに導かれる者

Любовь
К спасению ведет
Того -
Кто к Богу с ней идет!

***
霊(たましい)の
いかなる苦行も
愛がある時だけ
善い!

Любые подвиги
Души
Только с Любовью
Хороши!

***
天の愛
境(さかい)を知らない
天の愛自ら
抱き締めるのは地球全体!

Небесная Любовь
Границ не знает
Она собой -
Всю Землю обнимает!

***
愛と
別の道を行く者
人生を一人で
歩みたい者

С Любовью
Лишь тому не по пути,
Кто хочет в жизни
Только сам идти!

***
愛なくして
道は一つだけ
神との
別れ

Без Любви
Одна дорога -
Уводящая
От Бога…

***
幸いなのは
永遠に救われし者!
その時までは
ひたすら救いへの途上…

Счастлив тот,
Кто навсегда спасен!
До этого -
Лишь на пути к спасенью он…

***
愛なくして
救いに辿りつけない
ただ生きがい抜きで
この世で暮しているにすぎない!

Без Любви
К спасенью не придешь -
Только зря
На свете проживешь!..

 

修道士ワルナワ・サニン
修道士ワルナワ・サニン 『新しい光線たちの詩集より』
修道士ワルナワの作品・翻訳は、どなたでもご自由に引用できます。
ただし、引用の際には、必ず著者の名前をご記載下さい。

Монах Варнава Санин, из сборника <Новые лучинки>.
Цитировать произведения или перевод работ монаха Варнавы Санина может каждый при указании имени автора.

■2021年6月 人間の体シリーズ 胸(むね)と心臓(しんぞう)

その弟子が、イイススの胸もとに寄りかかったまま、
「主よ、それはだれのことですか」
と言うと、イイススは、
「わたしがパン切れを浸して与えるのがその人だ」
と答えられた。
(イオアン(ヨハネ)福音書13:2-26)

 漫画ルパン三世シリーズの劇場版アニメ第1作、1978年公開のアニメ映画「ルパンVs複製人間」(ルパン対クローン)。
 その映画には、生命維持の巨大なガラス装置にはいっている、ドクターマモーが登場します。何千年も複製、クローンとして生き続けたマモーのオリジナル、マモー本人は、脳だけという、象徴的なシーンに、当時高校生だったわたしは、脳だけのマモーの姿、劇場の大画面に息を飲みました。
 人間は、現代人は、脳に異常なほどの信頼と畏怖を寄せます。
 ところが正教会(オーソドックス・チャーチ)は脳に固執しません。むしろ脳ではなく、胸すなわち心臓・心臓の鼓動に焦点を当てます。
 胸、心臓は、わたしたちにとってどういう存在なのでしょうか。
 人は感動すると、胸が熱くなります。ほんとうに人が好きになると、胸が切なくうずきます。頭の脳ではなく、胸が反応し、熱くなります。ですから苦悩や試練にさいなまれている人は、動悸が激しくなり胸が苦しくなるのです。
 信仰者にとって胸、心臓は何でしょうか。
 聖使徒イオアン(ヨハネ)は、イイススの胸に寄りかかり、神の子の鼓動を聴きます(イオアン・ヨハネ13章参照)。それゆえイオアンは神学者といわれます。
 神の心を知る者が正教会では「神学者」です。頭でっかちの理論派の学者ではなく、神の鼓動に耳を澄ませる者が神学者です。
 すなわち胸、心臓とは、神様と交わる、一番深い場所です。
 胸、心臓は、たとえるならば、神の水を汲み出す、尽きざる泉、永遠の生命が湧き出す泉、サマリアの女性がイイススに出会った井戸のようなものです。
 心臓の鼓動のような祈り、祈祷は、人と神とを密着させます。
「われら安和にして主に祈らん」
「衆人に平安」
 これらの祈りは、正教会の基本、原点です。
 祈るとき、人は、口と言葉のみでなく、みんな、心臓の鼓動すら一致させて祈らなくてはならないでしょう。
 人が聖堂に一堂に会して祈るということは、口先だけ、音程だけを一致させるだけではだめです。ほんとうに、体を、胸を、心臓を、鼓動を一致させて、みんなで祈らなくてはなりません。自分がああ、きれいな聖歌を歌えて良かった、という感傷だけに浸っているうちは、実はまだまだなのです。
 ほんとうに、人が、体を、胸を、心臓を、鼓動を一体化させて祈ることが重要です。
 胸とは神の宿るところです。
 そして心臓とは、神の心を宿すことのできる聖地、聖なる場所です。
 心臓の鼓動とは、神の息、生命の神秘、復活の生命を体感するところであり、心臓の鼓動とは、神様の新たな天地創造の始まっているエネルギーの原点ではないでしょうか。
 だからこそハリスティアニン(クリスチャン)は胸に十字架を画くのです。

(長司祭 パウェル 及川 信)

■2021年5月 信仰、祈り、属神性(第二章)

信仰、祈り、属神性
ВЕРА, МОЛИТВА, ДУХОВНОСТЬ

パスハの昔のポストカード
パスハの昔のポストカード、画家不明
Старинная Пасхальная открытка, художник неизвестен

 

***
正しい道
プロコピイ修道士の光栄なる記憶に

私たちに必要なのは常に
パニックや恐怖に陥ることではなく、
強い信仰をもって全てに
慎重であるように努力を重ねること!

ВЕРНЫЙ ПУТЬ
Светлой памяти монаха Прокопия

Нам надо бы всегда
Не панике и страху поддаваться,
А - с крепкой верой -
Осторожным быть во всем стараться!

***
考えずに…
祈りもせずに…
仕事に取りかかった…
そして躓(つまづ)いてしまった!

Не обдумал…
Не помолился…
Начал делать…
И - оступился!

***
その人が
仕事の前に祈った
するとはかないものが
永遠のものになった!

Помолился перед делом
Человек…
И временное сотворил -
Навек!

***
鐘の音が皆を
奉神礼に呼んでいる!
しかし、この鐘を聞いた皆が、
教会に行くのか…

Колокола на службу
Всех зовут!
Но все ли, это слыша,
В храм идут?..

***
信仰について十分に
知らない人が
信仰の何を正当に
理解できるのか?

Тот, кто о вере
Толком не знает -
Что в ней, как следует,
Понимает?

***
霊(れい, soul)に属するものを何故に
神(しん, spirit)に属するものと名づける?
霊(れい, soul)に属するものは罪に
満たされている!*

Как можно называть душевное -
Духовным,
Когда душевное наполнено -
Греховным?!

* ロシア語のдух(英語でspirit、ギリシャ語でpneuma)は、たましい霊の上位部分、かみ神の恩寵で満たされるもののことで、亜使徒・日本大主教聖ニコライの翻訳では「神(しん)」と訳される。他方、「れい霊」はたましい霊の下位部分、動物にも備わっていて、まだ罪の汚れのあるもののことである。

***
どんな主題も
底が尽きるもの…
無尽蔵なのは
独り神(しん)に属するもの!

Любую тему можно вычерпать
До дна…
Бездонна -
Лишь духовная одна!

***
信仰がやって来た
でも、彼は気付かなかった…
一つだけ感じてきた
一日がとても明るくなった!

Вера пришла,
А человек и не заметил…
Только отметил:
День был очень светел!

***
高みから
信仰を見ていた
その本質はだから
まだ見損(みそこ)なっていた!

Смотрел на веру
Свысока -
Не разглядел ее
Пока!

***
半端に信じている者
完全に
俗世間に
生きている者!

Наполовину верит
Тот -
Кто полностью земным
Живет!

***
信仰が心の中に入(はい)れた
はずだけれども
扉がかたく閉ざされた
その心…

Вера вошла бы в сердце,
Но -
Закрыло плотно дверь
Оно…

***
神(しん)に属するものの
周り、
罪だらけのものの
群がり!

Около
Духовного -
Полчища
Греховного!

***
神(かみ)への祈りは私たちを
鎧(よろい)のように覆い隠す
あらゆる敵の矢じりを
跳ね返す!

Молитва Богу -
Как броня нас окружает,
Которая все вражьи стрелы -
Отражает!

***
時に敵が
教会へ行くのを妨(さまた)げ
一歩一歩が
つらくなるまで!

Порою в храм
Идти мешает враг -
Так, что с трудом
Дается каждый шаг!

***
もし心が
信仰を持たなければ
人生は
不毛(ふもう)の徒花(あだばな)!

Если в сердце
Веры нет -
Жизнь -
Бесплодный пустоцвет!

***
私たちの信仰を
何をもって測るのか
感謝しているか
祝福されているかだ

Чем в нашей вере
Проверяемся:
Благодарим?
Благословляемся?

***
信仰なき結論は
知識が偉大であっても
真実からは
いつも ほど遠い!

Без веры выводы,
Хоть знанья велики,
От Истины -
Всегда бывают далеки!

***
信仰は
人が生きる
そのすべてに
要(かなめ)を与える!

Вера
Главное дает
В том,
Чем человек живет!

***
神(かみ)への信仰なくして
教養ある知は
果てしなく多くの力を費やして
結局 間違った結論に達した

Без веры в Бога,
Тратя бесконечно много сил,
Ученый ум
К неверным выводам в итоге приходил!..

***
神(しん)に属する
道を
歩くこと!
とことん!

По духовному
Пути
Нужно - до конца! -
Идти!

***
信仰の強い者
誰でも
大勢(おおぜい)を神(かみ)へと
導く!

Тот, кто веру крепкую
Имеет,
Многих к Богу привести
Сумеет!

***
年中強い
信仰が
霊(たましい)に与えるのは
豊かな実り!

Крепкая вера
Круглый год -
Дает душе
Обильный плод!

***
強い信仰は
恐れ知らず
なぜなら神(かみ)を
恃(たの)むから!

Крепкая вера
Страха не знает -
Ибо на Бога
Всегда уповает!

***
信仰なき人生は
どれだけ充実していても
本質は
空っぽ!

Без веры жизнь,
Как ни полна,
По существу -
Пуста она!

***
信仰についての争論(そうろん)を
始める者
信仰を
全く知らない者!

О вере споры
Начинают
Те, кто о ней
Совсем не знают!

***
自ら手本となることを
忘れる者
衆人を信仰に導くことから
ほど遠い者!

Кто забывает
О своем примере,
Тот далеко не всех
Приводит вере!

***
「永遠に救われるように
生きたい!」
「何があなたを邪魔(じゃま)するのか?
痛悔し、祈りなさい!」

<Мечтаю так прожить - Чтобы навек спастись!>
<А что тебе мешает? Кайся, и молись!>

***
「永遠に救われるように
生きたい!」
「では、教会に急ぎなさい!
痛悔(つうかい)し、祈りなさい!」

<Мечтаю так прожить - Чтобы навек спастись!>
<Тогда - скорее в церковь!
Кайся, и молись!

***
たまに起こる
苦難や病(やまい)
信仰が堅固(けんご)か
試される機会!

В скорбях, болезнях,
Что порой случаются, -
На крепость веры
Люди проверяются!

***
突然生じる
困難の時
私たちの信仰が堅固か
試みる!

В трудный час,
Который вдруг случается -
Крепость нашей веры
Проверяется!

***
祈る時に
自らが聞こえないなら、
いかに
神にあなたが聞こえるのか?

Если, молясь,
Не слышишь сам себя,
То как тогда
Услышит Бог тебя?..

 

パスハの昔のポストカード
パスハの昔のポストカード、画家不明
Старинная Пасхальная открытка, художник неизвестен

修道士ワルナワ・サニン
修道士ワルナワ・サニン 『新しい光線たちの詩集より』
修道士ワルナワの作品・翻訳は、どなたでもご自由に引用できます。
ただし、引用の際には、必ず著者の名前をご記載下さい。

Монах Варнава Санин, из сборника <Новые лучинки>.
Цитировать произведения или перевод работ монаха Варнавы Санина может каждый при указании имени автора.

■2021年5月 人間の体シリーズ 死の接吻 生の接吻

イウダ(ユダ)はやって来るとすぐに、
イイススに近寄り、
「先生」と言って接吻した。
人々はイイススに手をかけて捕らえた。
(マルコ福音書14・45〜46)

ハリストス 復活!

 オーソドックス・チャーチ、正教会のような歴史の長いキリスト教会にあっては、接吻、キスは重要です。
 挨拶の時はお互いの「平安」を祈りつつ、お祈りの時には十字架や聖像へ、親愛の情をあらわすために接吻します。
 聖書、教会にはいろいろな接吻の挿話があります。
 大斎(おおものいみ)終盤、受難週間を迎えると、思い出さずにはいられないのが、冒頭に引用したイウダの裏切りの場面です。
 最愛だったはずの先生、恩師を、親密な愛情表現である接吻で裏切る、それも銀貨30枚で売り渡す、そしてイウダ自身は、悔い改めることもなく自殺してしまう。
 この光景は、じつは「創世記」冒頭のある事件を暗示します。
 ではその事件とは何でしょうか。
 アダムとエバ(イブ)の果実を食べた事件に隠れてしまって、あまり取り上げられませんが、兄弟殺人、兄カインが弟アベルを野原に誘って殺害した事件です。
 聖書は、首を絞めての絞殺か、石や棒での撲殺か、ナイフ・短剣での刺殺かを書いていません。けれども兄を信頼し、油断していた弟に襲いかかって殺害したカインは、弟の遺体を野原の土の中に埋めて隠したと伝えられています。
 アベルの遺体は親もとへ帰ることができず、両親は悲嘆に暮れます。
 お葬式すらできない状態のアダムとエバ、両親はアベルの行方をさがして、野原を泣きながら捜したことでしょう。
 カインは追放され、荒れ地で暮らします。
 ここには神と人、人と人、それも自分の肉身である家族との交流、交際を拒絶し関係を絶った人間がいます。
 兄カインは、頬に接吻して親愛の情を示し、肩を抱きながら弟を連れて野原へ行ったのではないでしょうか。この情景が、何千年の時をへてイウダがイイススに対しておこなった接吻の言行に繰り返されます。
 死の接吻。
 この死の接吻の対極にあるのが、生命(いのち)の接吻です。
 生の接吻。
 イイススの十字架のあと、女性たちは、イイススのご遺体を新しい墓に葬ります。そのときイイススに接吻、頬ずりし泣く、生神女マリアと女性たちの姿が聖像に画かれたりもします。
 じつは永眠者(死者)と接するとき、司祭(神父)は真っ先に永眠者の額に接吻します。こうした接吻は、同じ動機で行われます。生命の接吻です。 
 イイススの葬りと復活、死と甦り。
 死ではなく生命を、絶望では生きる希望を、接吻があらわします。
 わたしたちの接吻は、カインの死の接吻ではなく、イイススがわたしたちにしてくださる愛情こもった「生の接吻」を模範とします。
 復活の主イイススからわたしたちへ恵まれる永遠の愛、「愛憐の接吻」は、第二のアベルであるわたしたちが、埋められた野原、孤独の墓所から復活し、よみがえり、求めてやまない最愛の神への接吻によって、成就されるのです。

実に 復活!

(長司祭 パウェル 及川 信)

■2021年4月 神の光栄のための勤め(第一章)


修道士ワルナワ(サニン)
ロシアの作家、詩人、劇作家。ロシア作家同盟会員。1954年7月10日生まれ。ロシア人。専門は軍事ジャーナリスト。
2009年10月10日、ゲッセマネの奇蹟者聖ワルナワにあやかってワルナワの聖名で修道士としての剪髪式(せんぱつしき)を受けました。
200以上の本や小冊子の著者。著書には、「親子のための小さなたとえ話」、親子のための小説、太古時代や古代ルーシについての歴史小説、多数の詩集などがあります。その作品は多くの言語に訳されています。「小さなたとえ話」のテキストに基づいて幾つかのアニメが上映されました。「たましい大姫」というおとぎ話はロシアの多くの町で劇として上演されました。

МОНАХ ВАРНАВА (САНИН)
Российский писатель, поэт, драматург. Член Союза писателей России.
Родился 10 июля 1954 года. Русский. По профессии — военный журналист.
10 октября 2009 года принял монашеский постриг в малую схиму с именем Варнава, в честь преподобного старца Варнавы Гефсиманского Чудотворца.
Автор более 200 книг и брошюр, в том числе Маленьких притч для детей и взрослых, ряда рассказов для детей и взрослых, исторических повестей и романов о временах античности и Древней Руси, многих поэтических сборников и т.д. Произведения писателя переводятся на многие языки. По текстам Маленьких притч поставлено несколько мультипликационных фильмов. Сказка Душа-Царевна была поставлена как спектакль во многих городах России.

神の光栄のため、救いのための勤め
ТРУД ВО СЛАВУ БОЖИЮ, ВО СПАСЕНИЕ

***
神の光栄のために
地上の人生を生き抜くということが、
「どう生きるべきか」と問う者全てに
最善の答え!

Земную жизнь -
Во славу Божию прожить -
Лучший ответ на все вопросы -
Как нам жить!

***
神よ、
なんじ、天にいます父を
我らが世々に崇めほめんことを
与えたまえ!

Дай, Бог, нам славить
Без конца
Тебя,
Небесного Отца!

***
ある者は主への勤勉によって崇めほめ…
ある者はかつての罪の道から離れることで…
ある者は言葉により、聖なる畏敬の念に震え…
そして、ある者は生涯神を崇めほめる!

Кто славит Господа трудом…
Кто прежний путь греха оставит…
Кто словом, в трепете святом…
А кто - всей жизнью Бога славит!

***
「苦労せず救われるには?」への
回答
「救いに向かうには
楽な道はない!」と

Как без труда спастись?
Ответ:
Легких путей -
К спасенью нет!

***
救いへの道は
平坦ではない
かんたんには
切り抜けられない…

Труден
Ко спасенью путь:
Не осилишь
Как-нибудь…

***
救われるための全ては
私たちに与えられており
残るは
努力のみ!

Нам всё дано,
Чтобы спасаться.
Осталось -
Только лишь стараться!

***
諸人に救いのために
全てが与えられており
努力しなければならないのに
しかし…

Всем для спасенья -
Всё дано!
И надо бы спасаться -
Но…

***
救いのための
不可欠を
獲るのは、ああ、
なんと困難なことか!

О, как непросто
Достается -
Что для спасения
Дается!

***
苦行者は
神(しん)に属する苦行で
成果を獲るには全て
耐えなければ

Подвижник должен
Всё перетерпеть,
Чтоб в подвиге духовном -
Преуспеть!

***
光線たちは
自らを惜しまない
その務めは燃え尽くす光り
くすぶりではない!

Лучинкам не дано себя
Жалеть:
Их долг гореть, сгорая,
А - не тлеть!

***
苦行者は難行を成就して
また初心
次の難行へ
決心!

Подвижник подвиг совершил,
И снова -
Его душа
На подвиги готова!

***
神(しん)に属する
勤めのみ
与える
永遠への実!

Только духовные
Труды
Дают для Вечности
Плоды!

***
神(しん)に属する高みに
魅了されていた
しかし、罪深い怠惰に
足を引っ張られていた

Манила высота
Духовная!
Да вниз тянула -
Лень греховная…

***
大多数は
永遠の救いを獲たい!
でも、高みへと励む人は
ごく少ない…

Навечно многие хотят
Спастись!
Да только мало -
Кто стремится в Высь…

***
救いへの道
ああ、いつも辛い
しかし、踏破した者は
決して後悔しない

Путь ко спасению
Увы, тяжелым был всегда…
Но кто прошел его, -
Не пожалеет никогда!


修道士ワルナワ・サニン 『新しい光線たちの詩集より』
修道士ワルナワの作品・翻訳は、どなたでもご自由に引用できます。
ただし、引用の際には、必ず著者の名前をご記載下さい。

Монах Варнава Санин, из сборника Новые лучинки. Цитировать произведения или перевод работ монаха Варнавы Санина может каждый при указании имени автора.

■2021年4月 人間の体シリーズ 指(ゆび)2 像名祝福(ぞうめいしゅくふく)

天使ガヴリイル(ガブリエル)は、ナザレという
ガリラヤの町に神から遣わされた。ダヴィド家の
イオシフ(ヨセフ)という人のいいなずけである
おとめのところに遣わされたのである。
そのおとめの名はマリアといった。
天使は、彼女のところに来て言った。
「おめでとう、恵まれた方、
主があなたと共におられる」
(新約聖書「ルカ福音書」1:26〜)

 正教会では信徒が神父様から「祝福」をうけます。
 神父様は主教品から祝福をうけます。
 日常のあいさつでの祝福にはじまり、受験合格と新入学、進学、進級、就職、旅行の前後、新築・転居などに伴うの家屋の成聖、新造船や工場などの成聖、婚約や結婚、出産など、いろいろな慶事も祝福されます。
 「なんじに平安」と神父様が祝福すると、信徒は「なんじの神(しん)にも」と答えます。目のまえの空間に手によって十字が画かれ、うける側の信徒は、胸のまえに両手を十字に組み、その祝福をからだ全体でうけとめます。
 会衆に対しては「衆人に平安」と祝福します。
 これは古い祝福のあいさつ、「シャローム」、「あなたに平安がありますように」が原点です。
 生神女福音、天使(神使)ガヴリイルによるマリアへの祝福は、じつはごくふつうのあいさつ、祝福だったのですが、マリアは神の真意をはかりかねます。
 像名祝福、ぞうめいしゅくふく、ぞうみょうしゅくふく、あるいは、しょうみょうしゅくふく、とも言います。
 指文字による祝福です。右手の、親指と薬指を「X」字形に、ひとさし指を「I」、中指を「C」に、小指を「C」に見たてます。
 右手は「IC XC」すなわち「イイスス ハリストス」、イエス・キリストの名を象るわけです。 
 神の祝福は信徒個々人へも、よき音信・嘉音「おとずれ」として恵まれます。
 右手の親指・ひとさし指・中指をひとまとめにし、薬指と小指をまるめます。
 これを額(おでこの中央)、胸(みぞおちのあたり)、右肩、左肩へと十字形に画きます。
 これも像名祝福です。
 天使の祝福を正教会はこう記録します。
「恩寵(おんちょう)蒙(こうむ)れる者、慶べよ、主は、なんじとともにす」
 わたしたちは神の祝福に満たされ、つねにこう祈りましょう。
 互いを祝福し、神に讃美と感謝を祈りましょう。
「慶び楽しめよ、主は なんじとともにす」
「恵み深き主よ、神は われらとともにす」

(長司祭 パウェル 及川 信)

■2021年3月 人間の体シリーズ 指(ゆび)1 指輪

父親は息子を見つけて、憐れに思い、
走り寄って首を抱き、接吻した。息子は言った。
「お父さん、わたしは天に対しても、
またお父さんに対しても罪を犯しました。
もう息子と呼ばれる資格はありません」
しかし父親は僕たちに言った。
「急いでいちばん良い服を持ってきて、
この子に着せ、手に指輪をはめてやり、
足に履物をはかせなさい。それから
肥えた子牛を連れてきて屠りなさい。
食べて祝おう。この息子は、死んでいたのに
生き返り、いなくなっていたのに見つかった」
そして祝宴をはじめた。
(新約聖書「ルカ福音書」15:11〜)

 指輪、なにを思い浮かべるでしょうか。
 すぐに連想されるのは、婚約指輪、結婚指輪あるいはファッションリングでしょうか。
 少し前には、トールキンの「指輪物語」が映画化され、「ホビットの冒険」「ロード・オブ・ザ・リング」が公開されています。
 指輪は、たんなるアクセサリー、装飾品ではなく、はめる指輪の種類とか価値に応じて、立場や権威、影響力などを誇示するものとなります。
 たとえば王侯貴族は、紋章つきの指輪をはめ、公式文書や親書の封印に、指輪の刻印を押し封印しました。
ときには一族の継承を表すため、遺産の代表格として、指輪が尊重されました。
正教会では、〝信仰の指輪〟が強調されます。
 たとえば正教会の「聘定式(婚約式)」は、四つの証(あかし)を祈ります。

  1. エジプトの宰相イオシフ(ヨセフ)がファラオから
    贈られた権威の象徴として指輪(創世記41:42)

  2. 預言者ダニイルを救われる神を畏れたダレイオス王の
    信頼を刻印する指輪(ダニイル6:17〜)

  3. タマルがユダとの約束を貫徹するための
    約定としての指輪(創世記38:18)

  4. 放蕩息子が父親の哀憐を身をもって体験する
    親愛の指輪(ルカ15章)

指輪は、エンゲージリングとして神の永遠をあらわしますが、その根底にあるのは、神の憐れみ、愛です。
 思わず駆けより、助け救ってしまう、神の憐憫の指輪が、放蕩息子へ恵まれた指輪なのではありませんか。
 信仰の指輪とは、社会的儀礼、おざなりにほどこされる形式的指輪ではありません。
 滅びかけている人間性を回復させ、神と人、人と人とが、神の愛にみちびかれ連帯と絆を取り戻す、象徴としての指輪です。
 神の愛のリング、神の恩寵にもとづく信頼と希望の指輪がここにあります。

(長司祭 パウェル 及川 信)

■2021年2月 人間の体シリーズ 手 3

わたしは言っておく。
悪人に手向かってはならない。
だれかがあなたの右の頬を打つなら、
左の頬をも向けなさい。
(新約聖書「マトフェイ(マタイ)福音書」5:39)

あなたの頬を打つ者には、
もう一方の頬をも向けなさい。
(新約聖書「ルカ福音書」6:29)

 この福音を読み、いつも思います。
 人を暴力的に殴ったり、打つ手があるのだ、と。
 ときには言葉の暴力もあります。
 うわさ話、陰口ばかりでなく、最近ではパソコン、スマホの普及などによりインターネット通信を利用した、悪意ある中傷、根拠のない誹謗(ひぼう)などが広がっています。
 自らには何の汚点、加害のないにもかかわらず、一方的に打たれ炎上させられつづけるのは、すごくつらく、悲しいものです。
 たとえば一人の人間が、左手でひとを打ち、右手でひとを祝福しているとしたら、どうなのでしょう。
 面従腹背の背信者、ひとりの人間の矛盾は、けっきょく人を、自分を滅ぼす源になります。格言には、こうあります。
 二心(ふたごころ)ある者の言葉は蜂蜜、その行動は槍である。
 神と悪魔とに、同時に仕えることはできない。
 神父がたびたび、両手を天にさし上げて祈る姿勢には、神を呼び求めるこころが満ちています。
 悪を求めるのではなく、神を求めます。
 二心なく、神ひとりを求めます。
 そのため、両手を天にさし上げて祈ります。
 正教会には、人への祝福をする手の甲に接吻するという慣習があります。
 主教品や神父(司祭)が祝福する右の手を、信徒は両手のひらを重ね、恭(うやうや)しく、優しく接吻するのです。
 かたほうの手で人を祝福し、もうかたほうの手で、人を殴ったり打ったりする、そういうことを信仰者はしません。
 神のこころを受けとめ、その愛の温もりを感じ、両手で包みこみます。
 祝福をうける手があり、さらに別に人へ祝福を恵み伝える手があります。
 愛を創造し育てる手があり、信と希望を伝える手があります。
 正教会の聖堂、祈りでは、神父がこう祈って手をかかげ、十字を画きながら祝福します。
「衆人に平安」
 わたしたちは聖神(せいしん)の恩寵(おんちょう)を両手いっぱい受けとめるため、こころよりの笑顔、豊かな気持ちで応えましょう。
 そのとき、天使がふたつの翼をたたむがごとく、わたしたちは胸の前で両手を組み、頭(こうべ)を垂れ、祝福を受けとめましょう。 
「なんじの神(しん)にも」と。

(長司祭 パウェル 及川 信)