正教会について

正教会の歴史

聖なる伝統をたもつ正教会は、オーソドックス・チャーチ(正教会)、あるいは初期には東地中海沿岸地域を中心に発展したため、ギリシャ正教会、もしくは東方正教会とも呼ばれています。日本へはロシア、シベリアを経由、1861年函館ロシア領事館付司祭ニコライが来日し宣教します。日本ハリストス正教会は、日露戦争、関東大震災、第一次・第二次世界大戦などの歴史の波浪を乗り越え、1970年聖自治教会として自立すると共に、ニコライは「日本の光照者 亜使徒 大主教 聖ニコライ」として聖人に列聖されました。国の重要文化財指定の東京復活大聖堂(愛称ニコライ堂)、北海道の函館復活聖堂、愛知県の豊橋聖使徒マトフェイ聖堂なども知られています。

京都正教会の歩み

京都最初の洗礼者(受洗者)誕生は、1878(明治11)年。1883年船井郡園部村に最初の会堂を建立。1889年中京区押小路高倉に、1892年には中京区御池通東洞院に講義所(伝道所)設立、1901年現在地で大聖堂の建設が始まり、1903(明治36)年5月10日、京都生神女福音大聖堂が完成し成聖祈祷が執り行われました(設計者/松室重光)。初代京都の主教聖アンドロニクは明治後期に2度来京しますが、ロシア革命時に殉教しました(ペルミの神品致命者聖アンドロニク)。1978(昭和58)年開教百年祭、1986(昭和61)年6月2日京都市指定有形文化財に指定、2013(平成25)年春には聖堂成聖110年を祝いました。


京都府での正教伝道は、徳島に派遣されていた丹後地方間人(たいざ)出身のパワェル中小路伝教者が帰省中に間人や峰山で公開説教を行った明治13(1880)年にさかのぼる。京都市内では、明治22(1889)年に市の中心部「押小路通高倉西入る」に講義所を設立。キリル笹葉政吉が専任伝教者として派遣され、大阪正教会管轄司祭イオアン小野荘五郎の臨時管轄下で伝道活動が開始された。翌23年から26(1893)年までは、ロシア人修道司祭セルギイ(・ストラゴロドスキイ。後のロシア総主教。日本では掌院セルギイ「北海道巡回記」著者としても著名)が20歳代半ばの3年間京都での牧会にあたっている。

明治27(1894)年に着任したシメオン三井道郎管轄時代、同30(1897)年に現在の境内地「柳馬場通二条上る(やなぎのばんばどおりにじょうあがる)」の京都能楽堂跡地を購入。同34年12月には京都府技師松室重光の設計監督になる現在の聖堂、生神女福音(しょうしんじょふくいん=受胎告知)聖堂が完成、同36(1903)年5月ニコライ主教の司祷により成聖された。当初は寮制の京都正教女学校も敷地内に併設され、東京からナデジタ高橋五子(いね)が舎監として派遣された。同39(1906)年にはアンドロニク(・ニコリスキイ。主教としての駐日期間は3ヶ月のみ)が、ニコライ主教の補佐として「京都の主教」に叙聖された。(アンドロニクは、ロシア革命戦火の只中1918年に共産軍兵士に処刑された。2000年、ロシア正教会はアンドロニクを「神品致命者」として聖人に列した。)明治41(1908)年に来日しニコライ主教没後日本正教会の首座主教となったセルギイ(・チホミロフ)も、名目的なものとはいえはじめは「京都の主教」の肩書であった。アンドレイ目時金吾管轄時代を経て、昭和7(1932)年着任したヴィッサリオン高橋長七管轄時代は、第二次世界大戦前後の困難な時代だった。戦火を免れながらも、大戦末期に聖堂が「建物疎開」の命令を受けて取り壊し寸前となったが、終戦により幸いにも取り壊しを免れた。他の歴代管轄司祭には、グリゴリイ内藤三雄、ワシリイ酒井満、イアコフ日比義夫、マルコ小池祐幸らがいる。

昭和61(1986)年には京都市より有形文化財に指定され、翌62年には聖堂銅板屋根全面改修をはじめとした大規模な修復工事を、平成11(1999)年には床板修理・絨毯復原新調・内外塗装修理等を行い、現在に至っている。

「大学の街」京都にある教会として世界各地正教国からの研究者や留学生の参梼増加も近年の特徴に挙げられる。2000年5月には、ロシア正教会アレクシイ総主教も当教会を訪れた。

(文中敬称略)


正教会 ピンポイントガイド

正教会にはじめてふれる人のために、簡単な説明をいたします。
詳しいことは、これからゆっくり学んでほしいと思います。

■正教会(オーソドックス・チャーチ)とは?

正教会とは、キリスト教誕生の地、エルサレムから発展した教会で、ヨーロッパ、北アフリカ、中近東、ロシア等をへて、世界に宣教され広まりました。正教会とローマ・カトリック教会は、歴史的・文化的、信仰上の理由で分離しました。1054年頃の出来事は「東西両教会の分裂」として 世界史で有名です。一般には正教会を「東方教会」、カトリックを「西方教会」といいます。しばしばカトリックを旧教というとき、プロテスタントは新教と呼ばれます。正教会は現在では、アジア、オーストラリア(オセアニア)、アメリカなどにも広まり、約3億人の正教信徒(ハリスティアニン)がいます。わたしたちの教会は、ギリシャ正教会、ロシア正教会、東方正教会とも呼ばれることがあります。


■亜使徒(あしと)聖ニコライの日本宣教

聖ニコライ師
聖ニコライ師
本名イオアン・デミトリヴィチ・カサートキン、1836年8月14日生。
シベリア鉄道のない時代に、24歳の若さで日本宣教の大志を抱き、単身シベリアを横断。約1年の月日を費やして、ロシア領事館付司祭として函館に到着。
1861(文久1)年のことでした。その後、50年の長きにわたって福音宣教に励み、1891(明治24)年には、東京復活大聖堂(通称ニコライ堂、国・重要文化財)を建立(下左側写真、関東大震災後の修復された現在の大聖堂)。
ニコライ師は、1912(明治45)年2月16日、75歳で永眠。
1970年「日本の光照者(こうしょうしゃ) 亜使徒 大主教 聖ニコライ」として列聖。現在、日本全国に函館復活聖堂(下右側写真、国・重要文化財)はじめ約70か所の聖堂・伝道所があります。


■文語訳の聖書と祈りのすばらしさ

日本正教会では、新約聖書が明治時代に文語訳で刊行されています。聖ニコライと漢学者 中井木莬麿(なかいつぐまろ)の翻訳です。この聖書はじめ、奉神礼・祈祷はすべて文語で行われています。キリスト教ニ千年の重みと伝統、さまざまな国・民族の信仰者が織りなし紡いできた心、精神が宿った祈りです。このすばらしい祈りを、聖堂でともに献げてみませんか。
2010年秋には、大判の「新約聖書」が刊行され入手しやすくなりました。一緒に読みましょう。


■「イイスス・ハリストス」とは

「イエス・キリスト」の名前を、ギリシャ語・スラブ語(古ロシア語)から翻訳した邦訳名です。


■奉神礼(ほうしんれい)

正教会の祈祷全般を奉神礼(神の民の協働の仕事)といいます。
奉神礼はハリスティアニン(正教信徒)の信仰生活の基盤です。


■聖像(イコン)

キリスト(ハリストス)・その祭日、生神女マリヤ・その祭日、聖人らを描いた平面画。木板・キャンバス・石板・金属板等にテンペラ、油彩(油絵)、アクリル絵の具などで描かれます。また壁画(フレスコ画)、モザイク画も知られています。(プリント印刷されたものも聖像として扱われています)
日本の神道(神社)などのように、聖像そのものを御神体として礼拝することはありません。それらは偶像崇拝です。
聖像を通して、神に祈りを献げます。


■聖歌

正教会では讃美歌といわずに聖歌といいます。オルガン等の伴奏を用いずに歌います。ひとつの旋律で歌う単音聖歌、混声四部合唱の聖歌などが知られています。魅力いっぱいの聖歌をいっしょに歌ってみませんか。


■主教(しゅきょう)

正教会の高位の聖職者で、修道士(独身者)から推戴されます。
お呼びするときには、「座下(ざか)」という尊称をつけます。
「主教座下」というふうに。主教・大主教・府主教の順で高位になります。
「総主教」は完全な自治独立正教会の統理者で、とくに「聖下」の尊称で呼ばれています(総主教聖下)。


■司祭(神父)

司祭は職名で、神父(神父様)は呼称です。学校で、教諭という職名を、みんなが先生と呼ぶのとほぼ同じです。


■生神女(しょうしんじょ)

神を生んだ女性、ギリシャ語のテオトコスの邦訳。
マリヤ(マリア)への尊称です。マリヤには、聖母、神の母、神の嫁、女宰(じょさい)、永貞童女(えいていどうじょ)、童貞女(どうていじょ)、生命の母など、たくさんの尊称があります。


■亜使徒(あしと)

キリスト(ハリストス)の聖使徒と同じような働きをした聖人に与えられる尊称です。マグダラの聖マリヤ、スラブ民の宣教者聖キリィル・聖メフォディらも亜使徒と呼ばれています。


■光照者(こうしょうしゃ)

聖なる福音の光で、全地・全民をあまねく照らすように宣教した聖人に与えられる尊称です。


■致命者(ちめいしゃ)

殉教者、女性の場合は致命女。神の与えた生命を全うし、人々に信・望・愛の深さを教導する聖人。


■克肖者(こくしょうしゃ)

もっとも一般的な聖人の呼称。主イイススや諸聖人に肖(に)た人生を生きたことを証します。