■2017年10月 橄欖 オリーブ の降福(聖洗礼儀)

■2017年10月 橄欖 オリーブ の降福(聖洗礼儀)

主宰、主、わが神、ノイ(ノア)の舟におる者に、
和睦の徴(しるし)、洪水より救わるる號(しるし)たる、
橄欖(かんらん)の小枝(さえだ)をふくむ鳩を遣わし、
これをもって恩寵の奥秘(おうひ)を前兆し、
なんじの聖機密を行うがために橄欖の果をあたえ、
これによりて法律の下にある者にも聖神を充て
恩寵の下にある者をも全備する主や・・・・

(「聖事経」参照)

 聖洗礼儀(洗礼式)において、聖なる膏(油)が全身に塗布されます。

日本正教会では進行上、身体の一部にしか塗布しませんが、本来は全身に塗り込みます。

祈祷文は、これを傅(つ)けると宣言します。香油には聖なる力が満ちています。

 聖神(せいしん)の挙動(はたらき)と庇蔭(おおい)

 不朽の傅(つけ)

 義の武器

 霊體の更新(あらたまり)

 およその悪魔の挙動の遠隔(とおざかり)

 およその悪の解離(はなれ)

香油すなわち喜びの油は、光照者を神の領域へ導きます。

 霊と體とをいやすがため

 教えを聴くがため

 なんじの手 われを造り われを設けり

 なんじが誡めの路(みち)を履むがためなり

香油は外から塗られ、そして食されることで内側から人を満たします。

新鮮なオリーブ油がお店で安価に手に入れることができるようになり、
正教徒としてうれしいかぎりです。(写真:大阪正教会 境内のオリーブ)

イイススがヨルダン川で前駆授洗者イオアン(ヨハネ)から洗礼を受けたとき
鳩のような形の、光の恵みが降福されたといいます。

それは鳩が両翼をすぼめて急降下するような姿なのでしょうか。

香油による恩寵、恵みは、急転直下、いま わたしたちに注がれています。

(パウェル及川信神父)